社会生活を送る上での鉄則

 理想とするバイトに就くためには、まず求人に応募して履歴書を作成する必要があります。履歴書が社会とつながる上での重要な第一歩となり、応募者を表現する上での拠り所となるのです。履歴書が完成したら、「次はバイトの面接を頑張ろう」という気持ちに切り替わります。絵に描いたようなバイト人生を歩もうとする想いを強く抱いていて、その人生は明るいものであるはずだと信じているのです。
 履歴書の自己PR欄には誰が見ても好感を持てる内容を考えるでしょう。人間的魅力が溢れている人物であるとアピールする応募者が、数多くいらっしゃると思います。「自分は働く上で重要な協調性を持っている」と自己PR欄に記入することで、それを見た面接官が好印象を抱いてくれるのではないかと期待していることでしょう。面接官に良好な人間関係を築ける人格者であることを表現しているのです。社会生活を送る上で協調性は切っても切れないものであり、人と関わる以上は協調性を育もうとする姿勢が求められます。日本社会では協調性のある人に好感を持てるケースが多く、「その人とならば気持ち良く仕事ができる」という評価を貰えるのです。職場で自分から相手に歩み寄ろうとすることで、自然に協調性を育む環境に繋がっていくのです。職場はチームワークが求められる場だからこそ、協調性が必要不可欠なのです。協調性が人間関係を構築する生命線だと言っても過言ではなくて、社会を生き抜く上でポイントのひとつになります。職場の人達と協調性を育めたときに、理想的な未来が訪れると信じているのではないでしょうか。

Leave a Reply