面接官に好印象を与えるために

履歴書を完成させた応募者は、バイトの面接を心待ちにしていることでしょう。「これでついにバイト人生を始められるかもしれない」という期待を抱いて、応募した会社から合格が貰えることを願っています。履歴書の中にある自己PR欄には、持ち前のコミュニケーション能力の高さを記入しようとする応募者が少なくないのです。面接官に自分を採用してくれたら間違いなく会社にプラスになることを書いていきます。加えて誰とでも打ち解けることができる人物だということを書いていくのが窺えるのです。面接官に明るく前向きで、かつ能力の高い人物であることを伝えたい一心だとわかります。人よりも協調性に優れていることを自負しているからこそ、自信を持って自己PRにコミュニケーション能力が高いと書けるのです。
応募者から手渡された履歴書に目を通した面接官は、自己PR欄を見て「仕事ができる人間かもしれない」と感じるかもしれません。そうすると、「目の前に居る応募者を採用することで会社にとって有益になるのでは」と期待してしまいます。さぞ会社のためにバリバリ働いてくれるのだろうと考えて、応募者の人間力の高さを感じ取るのです。すぐにでも合格を伝えたい気持ちになっていき、応募者に高い将来性を感じるようになります。ややもすれば応募者が会社で重要な人材に上り詰めていくことを見越していても大げさではないのです。応募者には多大なポテンシャルが秘められていることを察します。このように履歴書に自分の強みや長所を記すことでバイト採用に近付くのではないでしょうか。

Leave a Reply